宝石類の価値が決定する買取査定基準とは

貴金属買取相場.com

貴金属買取相場.com | 毎日家事で忙しい主婦がなんと! TOP買取相場 より高額に! >その他

その他貴金属の宝石類にもグレードがある

貴金属の中には、色々な貴金属があります。

金やプラチナなどはグラムで価値が決まりますよね。
そして、宝石でも代表的なダイヤモンドは、4Cという明確なグレード付けがされることで、価値が決定するでしょう。

これらについては、業者によって多少の価格違いがあるにしても、主に業者が提示してくる査定額というのは似ています。
そのため安心して買取できるものなのですが、それ以外の宝石はどうでしょうか。

代表的なものを挙げてみると、サファイヤ・ルビーなどは有名ですし、パールやエメラルドなどもありますよね。アレクサンドライトという宝石もあります。
これらはどこが一番高額で買ってくれるのか、自分自身で業者選びをする必要があるのです。

実際には、これらの宝石類も、基本的にグレードがある程度プロの間では決められていて、査定をするときにもそれを参考に行われます
いくらでもつけていいとなると業者間で価格差が開きすぎますから、そういった基準は大事ですよね。
素材がどれほどいいものか、そして輝いている宝石かどうかなどですね。

鑑定書がつけられていることもあり、もし所持しているなら提示するとよりいいと思います

もちろんそれだけで決められるわけではなく、アクセサリーであれば次に販売するときに売れそうかどうかという点も査定額を左右するといわれていますので、他の宝石を売るときも査定をきちんと複数の業者でしてもらいましょう。


ページTOPへ